chromebookでAmazon Workspaces使用のデメリット

テレワーク・在宅勤務

※記事最終更新日: 2021年10月17日

chromebookを購入し、家のパソコン使いでは、十分便利だと思ったchromebookでしたが、
在宅勤務でchromebook上で、Amazon Workspacesを使用してみたところ、

不便な点が結構ありました

ので紹介します。

香車
香車

もしかしたら、回避策があるかもなので、
これから調べていきたいと思います。

chromebook上でのWorkspacesで仕事をしたところ、
Windows上でのWorkspacesでの仕事より、ちょっとだけ不便で効率が落ちました。
効率が落ちたと言いましても、Windows時の80%くらいでしょうか。

Amazon Workspacesの登録コードが一つしか登録できない

→複数登録できました!

Windowsでは複数のworkspaces登録コードを登録できます。

  • 会社用登録コード
  • 検証環境用登録コード
  • お客さん保守環境の登録コード

のように。

複数登録コードを登録するには、
「登録コードの変更」から、登録コードのプルダウン箇所に、

新しい登録コードを直接入力

すれば、2個めの登録コードも登録できました!

香車
香車

プルダウンなので、直接入力できないと思いきや、
目から鱗でした。

Windowsキーが使用できないため画面二分割が出来ない

自分は、ディスプレイの大画面で、画面を二分割してアプリケーションを使うことが多いです。

具体的に言いますと、

  • Windowsキー+→キー
  • Windowsキー+←キー

ChromebookにWindowsキーなんてないじゃんorz

香車
香車

chromebook自体の話ならば

  • alt+@ (左半分画面)
  • alt+[ (右半分画面)

にアプリケーションが画面分割できます。

ただし、Workspaces内には通用しませんでした。

カタカナ変換や英字変換がファンクションキーで出来ない!

→GUIボタンではファンクションキー入力可能

chromebookにはファンクションキーが無いんですけど、
それでも、chromebook内では入力中文字列のカタカナ変換や英字変換がファンクションキーみたいな上のキーで出来ました。

しかし、これがworkspacesに転送されると、キーが役割を果たしてくれませんでしたorz

Chromebookの日本語入力を正しく理解する – キー割り当て検証や設定、使い方

上のショートカットキーを試してみたいと思います。

香車
香車

chromebook自体の話ならば 、キーボード上段の

  • ひらがな変換は小歯車マーク
  • 全角カタカナ変換は歯車マーク
  • 半角カタカタ変換は消音マーク
  • 全角英字変換はボリュームダウンマーク
  • 半角英字変換はボリュームアップマーク

です。

しかし、Workspaces内には通用しませんでした。

workspaces左メニューより、「キーボードを表示」をクリックすると、
画面下に、ファンクションキー含むキーボードが表示されます。
F7キー等で、入力時カタカナ変換等ができますが、GUIボタンなので面倒ですね、、、

画面左側にマウスを寄せるとWorkspacesメニューバーが出てきてしまう

Workspaces画面内で、エクセルを使用していて、
行をコピーアンドペーストしようと、エクセルの左端の数字の行番号のところにマウスを持ってくると、

Workspacesのメニューバーがにょきって出てくるんです。

邪魔(-.-;)

つまり、エクセルの行番号のコピーもペーストもWorkspacesのメニューバー に邪魔されてなかなか難しいんです、、、orz

エクセルでF2(ファンクションキー)が使えないのが地味に不便

→GUIボタンではファンクションキー入力可能

仕事では、エクセルを今でも結構使うんですけど、、、

エクセルのセルを修正するのに、よくF2キーを押し入力モードに切り替えていたんですけど、

chromebookにはファンクションキーがない!!

香車
香車

workspaces左メニューより、「キーボードを表示」をクリックすると、
画面下に、ファンクションキー含むキーボードが表示されます。

F2キーもあり、効きますが、GUIボタンなので面倒ですね、、、

エクセルのセルの何かに入るにもキーボードじゃなくマウスで入らなければならなく、
不便、、、orz

その代わりに Ctrl + Enter でファイル名を変えられます。かなり特殊なキー操作ですが、使っているうちに慣れます。

https://nj-clucker.com/chromebook-function-key/

タッチパネルを使用しWorkspaces越しにお絵かきしたら反応が悪い(レスポンス)

今回、最もchromebookで楽しみにしていたのは、
chromebookのタッチパネルを使用して、workspaces上でもタッチペンでホワイトボードのようにお絵かきが出来るんじゃないかと思った点です。

Workspaces内で、テレビ会議(Zoom)をして、
Workspaces内のペイントアプリをホワイトボード代わりに、手書きでお絵かきをして画面共有したかったです。部下に説明する時に。

ただ、タッチペンでお絵かきはできましたが、
タッチペンの動きと、実際書き込まれる結果にタイムラグがあり、

使い勝手が不便orz

※ workspaces越しではなく、直接のテレビ会議だったらタッチペンが使用出来そうですが、
自分の会社の在宅勤務では、そうはいかない職場環境なんですよねorz

充電がスペックバッテリ駆動時間(11時間)も持たなく短時間

自分のchromebookは、HPのchromebook 14bです。

スペック上のバッテリー駆動時間は、11時間です。
ただ、在宅勤務でのバッテリー駆動時間は4時間程度とスペックには程遠い短い時間でした。

理由は、

  • デュアルディスプレイへの出力
  • ウェブ会議の多さ

だと思われますorz

chromebookでも充電器は、必要ですね。

deleteキーが無くキーボードでファイル削除できない

→ファイル削除には、虫眼鏡+← キーでできます!

ファイルをキーボード操作で削除しようとしたところ、
chromebookにはdeleteキーが無く、キーボード入力でファイル削除が出来ませんでした。

キーボード操作が出来なくてGUI操作は地味に、面倒ですね。

香車
香車

chomebook上でのdeleteキーは、

alt+← キーでも削除実行できるんですけど、
workspacese上では、alt+←キーは削除効果がなく、虫眼鏡+←キーでファイル削除できました。

Amazon Workspacesアプリがハングしたり落ちたりする

Windowsの時は、それほどない現象でしたが、
Chromebookに変えてから、Amazon workspacesアプリが

  • ハングする(画面が固まる)
  • アプリが落ちる(アプリケーションがいきなりダウン)

することが、ちょっと多いです。

さらに、再接続しようにも、Workspacesのアイコンが、

くるくる回ってしまいボタンが押せない状態

になったりします。

こうなると、しばらく待つか、Chromebookのログオフや再起動が必要になったりします。
(Windowsのタスクマネージャーのように、プログラムをkillする方がわからないです)

香車
香車

有線にしても、Workspacesが落ちてしまうことがありました。

ChromeOS自体が不安定?音が出ない

Workspacesアプリが時々落ちるどころか、
ある日は、web会議に命な音も出なくなりました。

ChromeOSを再起動すると一時的に治るのですが、
再び、音が震えだし、最終的には聞こえなく。

スピーカーや、USB接続があったので、外しても同様。

このような時には、残りの解消方法はChromeOSのリセット方法しかないと書かれていて、

ゾッと

しました。

Windows OSより、安定はしていない印象を受けました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました