tabキーが入力効かない!Workspacesでキーボード入力が変・取りこぼし

テレワーク・在宅勤務

AWSのWorkspaces(ワークスペーシーズ)を使用して、テレワーク・在宅勤務をしています。

Workspacesを使って業務をしている時に、

「あれ?突然キーボードが変だな?入力レスポンスがめちゃくちゃ遅い!」

と感じることがありました。

Workspaces(ワークスペーシーズ)の画面が出ているとローカルPC画面のtabキー入力できない。

「tab(タブ)キーが効かない!!」

と思うことがありました。
これは仕様のようです。

パソコン上に、Workspacesのウィンドウが見えている状態では、他のウィンドウでタブキーが効かなくなるので注意しましょう。

回避するには、一時的にWorkspacesのウィンドウを最小化する(画面を見えなくする)とパソコン上でタブキーが使用出来るようになります。

そもそもWorkspacesを利用していると時々キーボード入力が変になったり入力取りこぼしも起きる

これは今でもたまに起こり困っていたり、原因が気になっていました。

  • ローカルのネットワーク(家のWiFi)を疑ったり
  • パソコンのBluetooth(ブルートゥース)のワイヤレスキーボードを疑ったりしてみました

WiFiは時々不安定になることは、良くある話ですし(家庭用のWiFiルータ不安定)、
Bluetooth(ブルートゥース)のワイヤレスキーボードも、有線キーボードに比べたら問題が起こりやすいです(Dellの場合、ファームの不具合とかもありました)。

しかし、原因は違うということがわかりました。

【原因】AWS側付近のネットワークが怪しい

Workspacesで

「キーボードの入力が変だ?反応(レスポンス)が遅すぎる!!」

という時は、Workspacesウィンドウの右上のアイコンを見てみましょう。
良く見ると、赤い罰テンマークが付いていないでしょうか?

Workspaces右上の赤い罰テンマークをクリックしてみますと、

「ラウンドトリップ時間は〇〇〇ミリ秒です。ネットワーク接続が異常です。ネットワーク接続を確認するか、管理者に連絡してください。」

と表示されます。
これはまず第一には、ローカルネットワーク(家のWiFi)を疑えという事なのですが、

上の画面のように、インターネット上の8.8.8.8(Google)に対してはpingで999msもかかっていません。
つまり、AWS側付近のネットワークが異常と言えると思います。

Workspaces接続先についてはpingが応答を返しませんでしたので、pingでは正確な確認が遅延が図れませんでした。

【参考】キーボードの入力が不安定では無く正常に使えている時は

Workspacesでキーボードが正常な速度で入力・レスポンスする時には、Workspacesウィンドウの右上のアイコンを見てみますと、緑の健全なマークになっています。
これが正常状態ということですね。

結論:Workspacesでキーボードが正常な速度で入力・レスポンスが悪い時にはWorkspaces右上アイコンの状態を確認しましょう!

まあ、我々にはどうにもできないので、

  • 時間が経ち解消されるのを待つか、
  • Workspacesを再起動して何かが変わる可能性にかけるか、

くらいしかできないんですけどね・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました