ヒメタニシの繁殖と成長記録

飼育

ヒメタニシは、サカマキガイとかと比べて繁殖能力が低いといわれていますが、

まあまあ、繁殖します(-.-;)

ヒメタニシがいつの間にか繁殖していたので記録を残します。

4匹のヒメタニシを11月の屋外ビオトープに放流

11/12

4匹のヒメタニシを購入してきて、屋外の睡蓮鉢ビオトープに放流しました。

繁殖も考え、オスメスが含まれるように4匹を選びました。

1週間後にヒメタニシの繁殖を確認

11/19

ビオトープを眺めていたら、小さい稚貝を見つけました。

ヒメタニシは卵を産まずに、直接稚貝を生むそうです。本当にそうでした。

ヒメタニシの繁殖時期は、一般的に6月~8月と聞いていたのですが、11月でもヒメタニシは繁殖するんですね。驚きました。

ヒメタニシは何匹稚貝を産む?

11/20

よく見ますと、ビオトープ内に、複数稚貝を見つけました。

ざっと、目に見えるレベルで5匹程度。

ヒメタニシは、一匹ずつ、連続で稚貝を生むようです。

ヒメタニシの稚貝の成長を観察するために分けてみた

11/20

このままだと、たくさん繁殖しそうなので、複数の水槽にヒメタニシの稚貝を分けて飼育することにしてみました。

全部、今までタニシはいなかった水槽です。

  • 小さいキューブ水槽、2匹
    水槽の苔とり目的。また稚貝の成長を観察する用
  • メダカの卵が入っているメダカボール、1匹
    メダカが生れる前から緑の藻が入ったような汚い水を入れてしまったので、ヒメタニシの浄化目的。
  • イモリのプラケース、2匹
    ヒメタニシが増えすぎた場合、イモリが餌としてヒメタニシを食べるのかを確認する用

さてさて、どうなることでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました