上司の命令はただその上に命令されて動いているだけかもよ?誰と話すべきか見極めが重要

サラリーマンあるある

上司の命令にイラっとして、歯向かったことはないでしょうか?

俺は過去。結構あります。
かなりあるかな笑。

でも、実は本質をとらえると、
これは意味のない無意味な行動だったりしました。残念ながら。

上司のうるさいまでの命令は、実はそのさらに上に命令されているだけだったりする

画像は、そんな核心をとらえた漫画「呪術廻戦」の一コマです。

サラリーマン社会でも、まさにそう通りです。

無意味な上司とのもめ事には、意思のない立場だけある中間管理職や上司が、
意志もなく部下に命令しているだけのモノだったりするんです。

意志のない上司に(ただ意志もなくルールだからと守るだけの人)歯向かって文句を言っても意味が無いし答えも無い

そんな意志のない中間管理職や上司に歯向かって、
一生懸命、こちらの意志を伝えたとして、どうなると思いますか?

意志のない奴に、こちらの意志を伝えたとしても

実は不毛な戦いです。

なぜなら、相手には意志が無いからです。

意志のない奴らは、ただ言われたルールを守っているだけなので、
ルールを変えたり、ルールに意見したりは出来なんです。

そういう人に、言っても無駄なんですorz

香車
香車

入力インターフェイスの無いロボットにムキになって言っているのと、同じです。無意味ですよね笑。

つまりそんな上司と言い合っても意味が無い→そのさらに上と話せ

職場では、話すべき黒幕を探しましょう。見極めましょう。

これがポイントです。

ただ目の前の相手とムキになって言い合うのではなく、

その情報元はどこから発生したのか?

その情報ソースの大元を探し当て、その大元と話し合わないと意味が無いんです。

喧嘩で、群れのリーダー(頭、ヘッド)を見極めて、そこに攻撃を仕掛けるのと同じですね。

営業活動でも同じです。
ただ「うんうん」うなずいてくれて、話しやすい人に話しやすいからと話していても、その人の決定権が無ければ、提案してもほぼ無駄です。

そんな情報を体制や背景も含め、誰と話すべきなのか見極められるようになると、
サラリーマンは無駄な体力を消耗しないように一歩成長できると思います。

香車
香車

社内でも、社外外でも、超重要なテクニックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました