水槽のマツモの育て方 育成記録

飼育

マツモは、水質浄化や苔の予防効果があるそうです。

苔の発生頻度が半分になり、アンモニアも減少するそうです。

参考:水質浄化&コケ予防 マツモ特集 | チャーム

マツモが茶色くなる

光量が多く、長時間の点灯をした場合、マツモにすら苔が生え、

マツモが茶色くなります。

マツモが茶色になり、苔でマツモが覆われてしまうと、マツモの成長も、マツモの本来のも発揮できない状況になってしまいます。

マツモから苔を取るのは至難のわざなので、

光量の強いライトを長時間点灯させない

ことがポイントになります。

マツモが溶ける

マツモは光量が弱くても育つ水草なんですが、

水の中に養分が少ないとだんだん溶けてしまいます。

やはりマツモは生態と一緒に育成するのが良いと思います。

香車
香車

屋外で生体なしにNVボックスでマツモを入れておいたら、マツモが解けてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました