営業が使う「かくど」は「角度」ではなくて「確度」

サラリーマンあるある

営業が受注出来そうな仕事の確かさを表すのに「かくど」という言葉を使っていた。 俺は今までこの「かくど」は「角度」だと思っていた。 なかなか面白い言葉の使い方だなと、思っていました。   でも、実際は俺が無知なだけでした、、、

確かさを表す「かくど」は「確度」

こちらの記事を見ていて初めて「はっ」っと気がつきました。 今まで使っていた「かくど」って「角度」じゃなくて、「確度」なんだな。 面白い言葉の使い方ではなくて普通の言葉なんだなと、、、

確度とは?

確度とは、確実さの度合いを表す言葉です。

普通の言葉でした、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました