思いは伝えなきゃ思ってないのと同じだぞ!会社や人生を生きる上での教訓

この言葉をご存知でしょうか?
ビールのCM「キリン澄きり」で武将に扮した豊川悦司が言ったセリフです。とても良いセリフだと思います、共感です。

恋人同士や夫婦生活といった男女の関係では実感していましたが、
会社といった実績重視の、私の場合は男社会でもこのことは言えました。

人というのは、伝えないと全然わからないものなんですね、、、「言わなくてもわかるだろ」は青い考え

会社で「どう考えても、見てればわかるだろ?直接言ってないけど」ということがあるかもしれません。しかし実際、上司や管理者は全く見ていません。何故ならば、管理だけしかしていないからです。

  • 仕事で問題が起きてないこと
  • 自分のこと

しか、日々見ていません。部下が頑張っているとか、部下が不満を抱えているとか、普通の上司・管理者の観点(上の二つの箇条書き)とは異なりますからね、、、見えてないです。

思っていることは言わなければ伝わらない

それを理解したうえで、今回俺は、出来る限りアピールした。

  • アピールに最適なタイミングを調べ、
  • その最適なタイミングに、効果的な上司にアピールする
  • その上司が逃げないように、その上にも、その上司の同僚にも伝える

俺が出来るパスに対するコネには伝えた、これでダメなら今の俺にはダメだという事だろう。
今回ここまで行動しましたが、こんな事を今までは考えたことは無かったです。

出世したいなら考えた方が良いこと。人脈、コネ、社内政治、名前を売る、手を挙げること(意志を伝える)、その上司に対するメリットを伝える

実力が有ればのし上がれると信じて今まで働いてきましたが、
ただ普通に実力があるだけだと、出世は運です、、、

どこに配属され、どんな良い上司に恵まれるか。

これは運です。運が悪い上司なら、上司に都合よく使われておしまいです。
運が無ければ、勝ち取るしかありません。
どこから勝ち取る必要があるかというと、人で構成された組織から出世・評価を勝ち取らなければならないです。
組織があれば、人それぞれの思惑があり、それは社内政治になります。
社内政治でうまく泳ぐことが必要になり、
そのためには社内であろうと良質な人脈を広く持ち、最大限使わらないとならない。

人の思惑で構成される組織・社内政治について、この年まで軽視していたのが、俺の失敗とも言えると今は少し感じています。

規模がそこそこ大きい会社では管理職というのは腰が重い、荒波立てたくない。そのために出来る限りのおぜん立てが必要

ある程度大き目な企業になると管理職というのは

  • 腰が重い(行動をなかなかしない)
  • 荒波を立てたくない
  • 前例が無いと動かない
  • etc

その重い腰の推薦してくれる管理職に対し、自分に何が出来るのか・・・ということを考えなければならない。

会社とは、こういう事だったのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました