出世・昇進・昇格するには

出世とは、

世間に出て、人に知られるよい地位・身分になること。

昇進とは、

官位・地位があがって行くこと。

昇格とは、

職能資格制度において資格(給与)が上がること。

つまり、俺が会社で欲しいのは最低昇格なんだな。もうダメもとでいろいろ会社で体当たりで模索しながら試しています。

人事制度

政治と会社の違い 政治家は国民が選びますが会社の上司はその上役が使いやすい人を選ぶ

会社の上役は社員が選ぶ権利がない 政治家は、国民が選びます。政治に興味がある国民がどれだけいるかと言いますと、難しいところですし、数の力もあるので純粋では無いのはわかります。しかし、国民に選ぶ権利があるのは、間違いないです。
サラリーマンあるある

会社で上と下(上司と部下)のどっちを大事にすべきか?

普通の人は上(上司)でしょう。俺は下(部下)です。これは、過去と未来どちらを大事にすべきかと言う問題でもあります。 当然、俺は過去より未来を大切にしたい。でも、
★ためになる話・教訓

仕事において営業活動やプロモーションがやっぱり絶対必要な事実

私は就職したてな頃、職種として「営業」になるのは嫌でした。 「営業」になるのが嫌な理由としましては、 技術にとても興味があった 「営業活動」のイメージが訪問・押し売りイメージで嫌だった 知らない人と話をしなければならないのが苦...
サラリーマンあるある

会社で長生きする出世方法はゆっくりじわじわ出世すること

私は、会社内で敵が多い方のサラリーマンですが(そして出世していない)、 20年弱サラリーマンをしてきて最近分かったことの一つとして、会社の中で長生きする偉い人は、 じわじわ出世する のが一番ということです。
サラリーマンあるある

会社員の出世は運とコツが必要!大企業のサラリーマンほど人間模様あり

大企業の定義を従業員数300人以上とするならば、私は大企業に勤めています。私は当然、全社員の全員にあったことはありませんし、私より上の役職の全社員ですら全員を知らないです。ということは、その逆も然りです。 人数が多くなればなるほど、...
★ピックアップ記事

サラリーマンや会社は既得権益が居座り蔓延り、純粋な実力社会ではない

子供や学生社会では、どちらかというとテストの点数をどれだけ上げるかの実力社会です。テストの点数が良ければ、どんな人間でも良い高校に入れ、良い大学に行けます。ほぼ絶対評価で評価されます。 しかし、そんな学生が社会人になりサラリーマンの...
サラリーマンあるある

年功序列型の昇進・賃金では若手や中堅社員のやる気を引き出せないと判断

みずほファイナンシャルグループの、管理職の自動昇給を廃止ニュースには驚きました。 まず、 管理職は自動昇給制度だったことと 年功序列型の昇進・賃金では若手や中堅社員のやる気を引き出せないと、当然の見解に
★ためになる話・教訓

サラリーマン生活、テレビほど明らかな派閥は存在しないが複雑な既得権益な人間関係は存在する

これからサラリーマン生活を送ろうと就職した君たち、そして、どうせサラリーマンになるならば、ただサラリーをもらった仕事ではなく、自分は出来るはずだ、会社内でのし上がろうと思っている君たちに伝えたいことがある。 俺は40歳代。40歳代で...
★ためになる話・教訓

出世・昇進したいなら人事スケジュールを知ってアピールするべし!【重要】

40代になり、やっとわかった会社という組織の仕組み。上司や偉い人にはすごい人がいて、みんなをしっかり見ていて評価していると思うと大間違いです。 上司や偉い人は大多数が凡人で全然したが見えていなく自分のこと以外興味が少ない人間臭い人た...
サラリーマンあるある

会社は組織である以上社内政治や派閥は生まれ上手に生きるためには意識すべきだ

40代になり、もう遅いのですが・・・ 組織というのは、やはり良くも悪くも人で成り立っており、 いろんな個人の利害関係が絡んでくると、それは社内政治・派閥が生まれるのだなと、ここ最近感じました。 そして 上手く会社内で生きるには社内政治や派...
タイトルとURLをコピーしました